日比婚活支援協会

フルーツマケットにて

無題2


高架鉄道のキリノ駅からサン・アンドレス通りを歩いて数分。南国フルーツが山のように積まれた店がズラリと並ぶサン・アンドレス・マーケットに着きます。
他の市場より少し値段が高めなため、高級市場と言われますが、活気があり、新鮮なものが手に入ります。

マーケットの外では、同じような果物屋が軒を連ねています。
実は仕入先はどの店も一緒です。1店だけで足りるように感じますが、そこがフィリピンらしさともいうべきか、お店を分散することで得られる効果は、各個人に入る利益以外にもあるようです。
地元の人の話では、最初の店では欲しいと思わなかったものが、同じような店を眺めながら歩いているうちになんとなく欲しくなって買ってしまうのだとか。

また、小さな店舗ならでは、店主との細かいやりとりができます。
食べ方から保存方法など納得するまで聞けるのは嬉しいですね。
買いに来る人は、気に入った店主やサービスのあるお店で買っているようです。
同じものを売っていても、人気のある店とそうでない店があります。お願いすれば試食もできます。

マンゴー、ランブータン、バナナ、リンゴなどフィリピン産が主ですが、オレンジなどいくつかはオーストラリアから来ています。
時期によっても変わるそうで、店員に尋ねてみてください。
売られている最も高級な果物は、マンゴスチンです。
外の皮は硬いですが、果肉はやわらかく、ほどよい甘さがあります。
好きなものを買って、ホテルでゆっくりと味わうのもいいですね。

階段を登ると店内への入り口があります。
すぐに見えるのは鶏や豚などの肉屋がひしめく通路。
さらにその奥に野菜が積まれた店が並ぶコーナーがあらわれます。

テレビを観ながらのんびりと野菜を売っている店員、誰もいない店、お客さんと会話がはずんで楽しげな店など様々な風景が見られます。

なんといっても新鮮さが売り!食べ方も聞ける
なんといっても新鮮さが売り!食べ方も聞ける


野菜は、キロ単位で量り売りが基本です。
どのお店にもトマトをはじめ、青梗菜、ナス、インゲンマメ、ゴーヤー、モロヘイヤと南国ならではの野菜が並んでいます。

新鮮な野菜が並んでいますので、長期滞在をする人にとってはまとめ買いもできていいですね。
ただし、衛生面では注意が必要です。
まず、生では食べないこと。
よく洗ってから、火をよく通して調理してください。
日本に馴染みのある野菜が多いので調理に困ることはないと思いますが、現地ならではの食べ方を聞いて食材をそろえてもいいですね。


サン・アンドレス・マーケットでは料理に関するなんでもが揃います。
調味料も豊富です。
まとめて買うと安くなりますので、大きなスーパーマーケットで買うよりお得なことも。

卵は鶏かアヒルが主です。店によっては、うずらの卵もあります。
フィリピンでは鮮度の問題で生卵は食べず、加熱調理が当たり前です。
赤く殻に色が付いた卵は、塩味がつけられたゆで卵。


フィリピン人の主食はお米です。
たいていは肉と一緒にまぜながら食べます。
そのせいか、日本のお米と比べて、パラリとして粘り気がありません。
市場に出回っているお米は数十種類にもおよびますが、たいていは粘り気がないといっていいです。
そのなかでも、フィリピン人いわく、「粘り気がある」というお米が、「Malagkit」という種類です。
価格は他のものより高めですが、パサパサしたお米が苦手な方は試してみる価値はあるでしょう。

マーケットを楽しんだあとの散策
サン・アンドレス・マーケットの営業は24時間といつでも入れますが、夜は品薄になるだけでなく、周囲の治安も悪くなりますので昼間に行くことをおすすめします。

周辺には、パン屋やレストランがたくさんあります。
海側へ歩くと、16世紀後半に創建されたマラテ教会。キリノ通りを海側へ行くと、象などの大物も見どころのマニラ動物園があります。どこかのんびりとしたマラテ地区をぜひ楽しんでください。
無題1

バンブーダンスの見れるレストラン

世界には数々のダンスがあり、それが世界へ広まったというダンスもまた、数多くあります。
そんな世界のダンスを発祥の国ごとにご紹介します。
今回はフィリピンの代表的な伝統舞踊のご紹介です。。

そのダンスはバンブーダンスといい日本でも、よく知られているのではないでしょうか。
お米と収穫するときに踊っていたといわれています。

バンブーダンスはフィリピン語で「Tinikling」(ティニクリン)といい、フィリピンに生息するティクリンという名前の足の長い鳥の動きを表現したものです。

まず2本の竹の棒を使います。
2本の棒を寝かせ、両端に一人ずつ座り両端を持ち、竹を開いたり閉じたりして3拍子のリズムにのって竹を打ち合わせます。
その間を踊り手がステップをふみ踊ります。
プロの方々は2本を4本にして巧みに踊ります。
リズムが速くなりリズミカルに踊る姿はティクリンが草の間を跳んだり、農夫が仕掛けた竹の罠を避けて跳んだりする姿を表現しています。

踊り手が5・6人になると全員の息がピッタリ合い、竹の打ち合う音と曲がマッチし大変キレイな素晴らしい踊りになっています。

マラテ地区にあるシーフードレストランです。
格安でもないが高くもない気軽に入れるレストラン。
8時頃から1時間程度バンブーダンスを見ることができます。
味はそこそこ良く、また訪れたいと思うレストランです。
恋人と素敵な夜をお過ごし下さいね(^_-)-☆
スクリーンショット (7)

Zamboanga Restaurant
1619 M Adriatico St | Malate, Manila, Luzon, Philippines +63 2 525 8828

コンドミニアムについて

konndo


フィリピンは近年とても人気のある海外旅行先。日本からも近く美しい海があるためリピーターの海外旅行客も大勢います。

そのため、一度や二度は旅行のツアーなどで豪華なホテルで滞在というのは良くても数回行けばコンドミニアムを借りて海外生活を満喫したいという方もいるでしょう。

また、週数間のロング滞在にもコンドミニアムを滞在に使うというのもアリです。

そこで今回は、コンドミニアム滞在の方法をご紹介します。


フィリピンでは旅行者の中でコンドミニアムを借りることはポピュラーです。
特に長期滞在をする方などにはとても人気があります。

フィリピンは物価が安いため日本からの旅行客はたいてい5つ星ホテルなどの豪華リゾートホテルに滞在するケースがほとんどです。

しかし、家族旅行や長期で滞在する場合はプライベートが守られるコンドミニアムを借りるのがおすすめです。

快適なコンドミニアムを探すのであればスーパーやレストラン、コンビニなどにも近く生活がしやすいので条件にあった部屋探しをすると良いでしょう。

コンドミニアムの気になる料金は?
一般的にフィリピンであれば約10000ペソ(約2万円)から貸切のコンドミニアムを借りることが可能です。

たいていが高級マンションタイプ。そのため、マンションについているプールなどで遊ぶことも出来てカップルなどにも最適だと思います。
無題



海外旅行だと食事などが合わないなどというケースもあります。
しかし、コンドミニアムを借りるとキッチンで自分の家のように生活をすることができるため、小さなお子さんやシニアがいる旅行などにも大変便利です。


日本では「民泊」という言葉がありますが、携帯アプリで簡単に予約をすることが出来るairbnbが現在世界中で人気です。

こちらは場所・日時・料金などの条件にあわせて部屋を提供してくれるオーナーさんと部屋を探しているユーザーさんが情報を共有できるアプリです。

普通にホテルなどで部屋を借りるよりも安く部屋を借りれたり、自由さがあるため人気があります。

フィリピンには多くのマンションがあり、airbnbで部屋を借りた場合はマンションの受付などで部屋のカギをもらい指定されたチェックインチェックアウトの時間までに入室・退室をする必要があります。

何かある場合はアプリ内のメッセージを通してオーナーさんとやりとりをします。こちらのairbnbは気軽に使うことができ、過去の利用者の声を参考に部屋を決めることが可能。

また、写真などもあるため好みの部屋を探すことができます。支払いもアプリに登録したクレジットカードで支払いをすることができ楽々簡単なのです。

ただし、英語ができない場合だとコミュニケーションがかなり難しいため英語が苦手な人は英語ができる人に手伝ってもらう必要性があります。

〇日系のエージェントを通してコンドミニアムを探す
(私達もお手伝いできます。)

お部屋探しに自信がないという方は日系のエージェントを通して行えば部屋探しはとてもスムーズにすることが出来ます。

物件も日本人が好む治安や部屋、条件を集めているため簡単に部屋を見つけることが出来ます。また、英語が苦手な人や海外での生活に不安がある人でもコンドミニアムを探すことができ安心です。

ただし、日系のエージェントは自分で探したり現地のエージェントを利用するよりも割高になるケースがあります。そのため、金銭的に余裕のない人にはあまりおすすめできない手段です。

現地エージェントを利用しコンドミニアムを探す
物件数も多く、現地の雰囲気を味わいたいのであれば利用したいのはフィリピンの現地エージェントです。
インターネットから簡単に問い合わせをして、日本にいながら部屋を探すことは可能です。

現地の情報がわからない場合はエージェントに直接問い合わせをするのも良いでしょう。

ただし、日本とフィリピンは国柄も違うことから問い合わせをしても返信がなかったり、連絡がスムーズではないというケースもよくあります。

そのため、いくつかのエージェントに問い合わせをしたり、条件を幅広く問い合わせをしたりする必要があります。

あまりにも安い物件を探そうとするとエージェント側がお客を選び返信をしないというケースもあるようで、結局部屋が見つからないということもあります。

また、エージェントのやりとりは英語になるためこちらも英語が出来ない場合は少し交渉が難しいかもしれません。ただし、メールなどのやり取りであれば翻訳サイトなどを使って挑戦してみるのも良いかもしれません。
無題1

川下り

昨日はスリリングなシューティングをご紹介しました。
今日はもっとスリリングな体験をお求めの方に川下りをお届けします(^_^)v

先日、パグサンハン川急流下りをするため、日帰りでマニラからパグサンハンへ行ってきました。



パグサンハン川急流下りとは落差、約20mのパグサンハン滝にイカダで突っ込むワイルドなアクティビティで有名ですが、小舟で滝まで1時間の道中もスリリングで、そして大自然を堪能できました。

今回はたくさんの写真とともにパグサンハン川急流下りをレポートします。

パグサンハン川急流下り体験レポート
午前9時前にパサイにあるバスターミナルに。
JAC LINNERターミナル
パグサンハンまでの行き方は下記の関連記事を参照ください。
関連記事:【フィリピン】どこよりも詳しいマニラからパグサンハンへの行き方の説明

3時間弱でパグサンハンに到着しました。
無題



パグサンハンでは「Pagsanjan Falls Lodge and Summer Resort(パグサンハン・フォールズ・ロッジ&サマー・リゾート)」というホテルで川下りツアーを申し込む予定だったんです。

ですが、バスが停車したところにいた客引きが声をかけてきて、「サマー・リゾートはこのトライシクルで行けるよ」と言ってきました。嘘っぽかったけど、とりあえず付いていくことにしました。
無題1


パグサンハン トライシクル
ヤバそうだったらすぐに逃げればいいし(汗)

そしたら案の定、着いた所が明らかにホテルではない廃墟みたいなところ。廃墟の中に受付だけがありました。

そして、料金を聞いてみたら1人2,850ペソ(笑)

た、高い・・・。高い理由を聞いたら、なんでも途中で警察に交通料を払わなければならないからと言っていました。

明らかにボッタクリ価格なので何も言わず立ち上がり、廃墟から出ていきました。客引きが付いてきて、「2名で2,000ペソの所もある!」と言ってきましたが、もう信用できないので無視してトライシクルに乗り込みました。

ここでは客引きが平気で嘘をついてくるので気をつけましょう。

そしてようやくパグサンハン・フォールズ・ロッジ&サマー・リゾートに到着。
無題2


Pagsanjan Falls Lodge and Summer Resort(パグサンハン・フォールズ・ロッジ&サマー・リゾート)
受付カウンター。ここはちゃんと正規価格でやってくれます。
無題3


1人1,375ペソ。ボッタクリ価格の半額以下です。予約なしの飛び込み参加でもOK。
Pagsanjan Falls Lodge and Summer Resort(パグサンハン・フォールズ・ロッジ&サマー・リゾート) 受付カウンター
料金を支払う際に、大きな地図を使ってツアーの説明をしてくれます。が、この記事を見た方は、だいたいすべて分かります(笑)
Pagsanjan Falls Lodge and Summer Resort(パグサンハン・フォールズ・ロッジ&サマー・リゾート) ツアー地図
無題2


好きな時にツアーをスタートできるので、まずは腹ごしらえをしました。
Pagsanjan Falls Lodge and Summer Resort(パグサンハン・フォールズ・ロッジ&サマー・リゾート) レストラン
無題6


シシグ(sisig)というフィリピン料理が絶品でした。
Pagsanjan Falls Lodge and Summer Resort(パグサンハン・フォールズ・ロッジ&サマー・リゾート) シシグ(sisig)
ちなみにレストランから見える景色もよかったです。
パグサンハン川急流下り 景色
パグサンハン川急流下り 景色
腹ごしらえが終わると、レストランの横にあるツアー受付でチケットを渡しました。
Pagsanjan Falls Lodge and Summer Resort(パグサンハン・フォールズ・ロッジ&サマー・リゾート) スタート場所
そうするとヘルメットとライフジャケットが渡されます。
Pagsanjan Falls Lodge and Summer Resort(パグサンハン・フォールズ・ロッジ&サマー・リゾート) ヘルメット
Pagsanjan Falls Lodge and Summer Resort(パグサンハン・フォールズ・ロッジ&サマー・リゾート) ライフジャケット
ツアーの注意書き。
無題8
無題9


Pagsanjan Falls Lodge and Summer Resort(パグサンハン・フォールズ・ロッジ&サマー・リゾート) 注意書き

受付の横にある階段を降りるとすぐボート乗り場。すぐにボートがきました。
パグサンハン川急流下り ボート乗り場
クッションを引いてくれます。だけど薄いクッションだったので1時間座りっぱなしは結構キツかった。。
パグサンハン川急流下り クッション
ツアースタート。はじめはのんびりとした田舎の風景が左右に広がっています。
パグサンハン川急流下り
パグサンハン川急流下り
じょじょに行く手に大自然が広がってきます。
パグサンハン川急流下り
パグサンハン川急流下り
小さな滝も何箇所かあり。
パグサンハン川急流下り 滝
それとともに流れが激しいところも増えてきて、航路が狭いところはボートマンが岩を蹴って進みます(笑)
パグサンハン川急流下り
あちらこちらで蹴っています。かなりワイルドな光景。
無題10


パグサンハン川急流下り
ちょっと分かりづらいですが、往路は完全に上向きの坂なんですよね。だから航路の何箇所かに金属や木の棒が置かれていて、そこにボートを無理やり乗っけて上に押し上げるんです。往路は正確には川下りではなく川上りですね。
パグサンハン川急流下り
それが何十回も続くもんだから、ボートマンはすごい体力を使います。そのため、ボートマンの休憩時間がたまに設けられます。
客はただ乗っているだけなので、まったく疲れません。ただしケツはすごく痛い。。
パグサンハン川急流下り
最後目的地の近くに到着。
パグサンハン川急流下り
少し歩くと・・・パグサンハン滝にようやく到着!!
ここまでで1時間くらい。
パグサンハン滝
ここで何をするかと言うと・・・見てわかると思うんですが・・・これ・・・
パグサンハン滝 イカダ
イカダに乗って、ただ滝に突っ込むだけのアクティビティなんです。
【フィリピン】パグサンハン川急流下りを体験しに日帰り旅行に行ってきた
ただね、これ強烈なんですよ。滝の下を通る瞬間・・・
身体が引き裂かれそうなくらい痛い!!

ほんと尋常じゃないくらい痛い。帰りはうつ伏せになって滝下を通りましたが、強烈な全身マッサージを一気に全身にされている感じがしました。

それも滝の下でわざとストップするんで、早く通ってくれ!と叫びました(笑)
パグサンハン滝 イカダ
滝の裏はちょっとした空間があります。
パグサンハン滝 裏
こんなに大人数でも大丈夫!
パグサンハン滝 裏
イカダの船頭さん2名に100ペソずつチップを求められましたが、必要なのかな??

そうして来た道を戻り、出発地に帰ってきたら、ボートマンの2人にそれぞれ200〜300ペソのチップを渡して合計2時間ほどのツアーは終了!

午前9時にパサイを出発して、ここまでで午後3時。トライシクルでバスターミナルに帰り、パサイに着いたのが午後8時くらいでした。
ちなみにバスを降りたらすぐにトライシクルに乗りますのでドリンクはパサイで買っていた方がよいです。2時間のツアー中に物売りのボートが近寄ってきてドリンクを売りに来ますが値段が高めですので。

●ツアーを申し込んだホテルの情報
名称:Pagsanjan Falls Lodge and Summer Resort(パグサンハン・フォールズ・ロッジ&サマー・リゾート)
住所:Barangay Pinagsanjan, Pagsanjan Laguna
電話番号:+63-49-501-4251、+63-49-501-4209
営業時間:7:00〜17:00
定休日:不明
行き方:パサイからLCCライナーのバスで2〜3時間。
いかがでした?
とてもワイルドでしょう(^_-)
ぜひご堪能下さい(^_^)v

銃の体験

フィリピンではアメリカと同様に、一般の方でも銃の所持が認められています。
その代わり、銃のライセンスを取らないと所持することはできません。
もちろん購入もライセンスなしではできません。一般的にはですが・・・。


しかし、撃つことならライセンスなしでも可能です。
ということで、フィリピンのマカティにある射撃場に行って射撃の体験をしてきましたので、ご紹介します。


今回は、近くにある射撃場に行ってきました。
日曜日だったこともありお客さんが多く、多くの人が日頃のストレスを発散しに来ているようでした。

地元の方だけでなく、日本人の方も来ていました。
私が受付をしてから実際に撃てるまでに30分ほど待ちましたが、他の日本人の方は撃つまでに1時間以上待ったよと言ってたので、待ち時間は時と場合によるみたいです。

待ち時間は、外に行ってもいいですし、店内の銃コレクションを眺めてるのでも良いので、それほど苦にはならないです。
無題


店内で販売されていた弾丸は、一発23ペソ(約50円)でした。
使用する銃によって弾丸の種類が異なるので、この値段は一番安いスタンダードなタイプです。

ショットガン用の弾丸でも一発30ペソ(65円)で購入できるので、安いですよね。
人の命が23ペソ(約50円)で簡単に取れてしまうと考えると恐ろしいです。
無題1




銃の値段は5万円でお釣りがくる
弾丸は一発23ペソ(約50円)あれば購入できますが、本体である銃はいかがでしょうか。
性能やブランドによって異なりますが、ここで売られていたので一番安いのは、2万3千ペソ(49,900円)です。

iPhoneの約半分ほどの値段で銃を購入できちゃいます。
そう考えるとiPhoneの値段って高いですね。まぁ用途は全然iPhoneの方が高いですが。
無題2


丁寧にコーチング
銃の使い方がわからなくても、丁寧に教えてくれますので安心してください。
銃の持ち方、構え方、弾丸の補充方法まで全て丁寧に教えてくれます。

さらに、自分の携帯を使って写真はもちろん、動画まで撮ってくれます。
インストラクターの方は観光客に慣れており、写真の撮り方が上手いです。
角度もちょうどいいです。思わず笑ってしまうほど上手でした。

自分の携帯で撮ってもらえるので、後で高い写真代を請求されることはありませんので、安心して写真撮影をお願いして大丈夫です。

いざ実践
いよいよ、自分の順番が回ってきたので銃を撃ちました。
終わった後に感じるのは、緊張感と充実感ですね。アドレナリンが大量に放出されます。
終わった後も少しの間、気持ちが高まってました。


下の写真は、弾丸が発射されたラインが綺麗に残っています。
この角度、どこから写真を撮っていると思いますか。
さすがに射撃場の中からではありませんよ。
気になる方は実際に確認しに来てみてください。



戦闘結果
銃を撃つ際には的を狙って撃つのですが、下の写真が私の結果でした。
まぁまぁではないでしょうか。自分的には、全て真ん中に当たっているように感じていたのですが、そんなことありませんでした。
無題3


日本では体験できませんので、とても良い体験になると思います。
値段は1500ペソ(約3,250円)で50発撃てます。

もし、ご興味があればご案内しますので、連絡待ってます。