水煮関わる注意事項 - 日比婚活支援協会

水煮関わる注意事項

無題

まずフィリピンの水道水は絶対に飲んではいけません(危険度💀💀💀💀💀)
このことは有名ですので、かなりの人がご存知と思います。
では、どこまで水道水を使っても大丈夫なのか?

シャワー 危険度💀
シャワーに関しては誤って飲んだりしない限り大丈夫です。しかし危険とかとは別に、すべてのホテルで必ず、日本のように温水が出るとは限りません。私のドミトリーでも温水は出ないのでいつも冷水です。そのため、もし海外で温水に入りたい場合はホテルの予約などの際にフロントに訊くと良いかと思います。

歯磨き 危険度💀💀
意外と盲点のなのが、歯磨きです。水道水を使うだけで、実際に飲むわけではないのでほとんどの場合は大丈夫かと思うのですが、私の知り合いは歯磨きの際に水で当たったというのを聞いたので、あえて少し危険度を高めにしました。旅行者の場合は、滞在日数も限られているため、万が一当たってしまうと貴重な一日が潰れてしまいます。そのため、少しもったいないかと思うかもしれませんが、水道水を使わずに、ミネラルウォーターを使う方法も良いかと思います。

レストランの水 危険度💀💀💀

多くの方が安心してしまいがちな、レストランの水です。レストランだからといって油断してはいけません。また現地のフィリピンの方が飲んでいるからといって日本人も大丈夫とは限りません。多くのレストランでは水道水を使うことはありません。しかし極稀に使っているお店(ローカルな屋台など)があるので注意して下さい。一番の方法はミネラルウォーターを買っておいて、レストランでも自分のミネラルウォーターを飲む方法です。しかしもし「ミネラルウォーターがなくなった!」といった状況になってしまった場合、水を有料で出しているレストランは安心して飲んでも大丈夫です。

氷 危険度💀💀💀💀
個人的に一番危ないのは氷だと思います。今までのは観光雑誌などに記載されているので、そういったものを読んでいる方なら気をつけるものが多いです。しかし氷は意外と書かれていません。日本では氷=水道水などとあまり考えて飲む方はいないため、気づきにくいかと思います。そのため、氷で腹痛になる方は意外と多いのです。またきれいな衛生的に見えるレストランですら氷は水道水から作っているので気をつけて下さい。氷に関しては判断が難しいため、長期滞在ならまだしも旅行の方であれば、使うのを控えるのをおすすめします







無題1



海外の水にあたり、腹痛になった時の対処

腹痛が軽度の場合
熱とかはなく、下痢が頻繁に起こる現象です。

1,水を飲みまくる
水であたったのに水を飲むの?と思うかもしれませんが、体内の毒素、ウイルスをいち早く出すためにこれが一番効果的です。
水はミネラルウォーターで構いませんが、もし近くで経口補水液(Oral Rehydration Salt)が売っているようでしたら、これが理想的です。
同様の効果があるのが、フルーツ系のジュースとポテトチップスのような塩気のあるものを一緒に取ることです。

2,薬をしっかりと飲む

薬などは薬局に行って、抗生物質の含まれたものを買って下さい。
日本の市販薬は抗生物質が含まれていないため、飲んでもあまり効果はありません。
一番大事なのはこうした軽度の症状の時に薬を飲んでおくことです
。重症になってからでは効かないため、軽度の内にウイルスを殺してしまいましょう。

3,薬について
今回は病院に行かなくて入手できる腹痛の薬を1つ紹介します。
(日本でも販売されている薬です)こちらの薬は薬局やドラッグストアで販売されているため、処方箋が必要ない薬となります。しかし、処方箋が必要がない分軽度の腹痛にしか効果的でないため、重度の腹痛の場合は病院に行くことをおすすめします。
■フィリピンでの名称:BUSCOPAN (Boehringer Ingelheim) ブスコパン
■世界共通の薬剤一般名: Hyoscine-N-butylbromidenになります。
■特徴、性能、副作用:胃腸の過度の緊張や痙攣をやわらげ、胃痛、腹痛、さしこみの痛みを鎮める、胃腸鎮痛鎮痙薬。
■値段:25.5ペソ(10錠入り)一回1錠、一日三錠まで




腹痛が重度の場合
具体的には発熱、嘔吐、血便などです。
これらの症状が一つでも当てはまる場合は病院にすぐ行って下さい。
救急車は「117」です!日本とは違いすぐに来るとは限りません!。
マニラには頻繁に渋滞が起こってしまいます。料金は有料になりますが(マニラの場合は2000-3,000ペソ)、危険性があるので、すぐに電話した方がいいでしょう。
また水を飲むことも忘れないで下さい。脱水症状の危険性が起こりうるからです。
重度の場合にできる民間療法は限られているため、病院にいくことを強くおすすめします。



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント