ビガンと日本兵 - 日比婚活支援協会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビガンと日本兵

無題

フィリピン国内では最大、世界でも17番目に大きく、人口では世界第4位を誇るルソン島。
その北西部に、フィリピンを代表する世界遺産「ビガン歴史都市」があります。

首都マニラから北へ400キロ、かつてスペインの統治下にあった時代の影響を色濃く残す街並みは、スペインや中国、ラテンアメリカの影響を受けたフィリピン独特の趣を呈しています。
界遺産の街ビガンは、1574年にスペインの交易拠点として建設されたのが始まりといわれています。
ただし、それ以前にも「イロコス」という名で中国や日本と交易関係があったといわれています。
スペイン統治時代には、「シウダー・フェルナンディナ 」と呼ばれていました。スペインの建築技術を用いているものの、材料には木骨煉瓦を使い、住宅のある2階の風通しを良くするなど、フィリピンの気候風土に合わせた工夫がみられるのが特徴です。

同様の街並みは、フィリピン国内の他の都市にもありましたが、太平洋戦争の戦禍でほとんどが壊滅。
このビガンの旧市街だけが奇跡的にほぼ無傷で残りました。その背景には、この美しい街を爆撃に晒すのはしのびないとして撤退した2人の日本人将校の逸話があります。

世界遺産の古都ビガンでは、凝った造りの家やカラフルな装飾品など、街のあちこちにその名残を見ることができます。
ビガンの街は、アジアに残るスペイン統治下の都市では最も保存状態が良いといわれ、1年を通して花々は美しく、6か所あるフィリピンの世界遺産のなかでも真っ先に名前が挙がるほどです。そんなビガン歴史都市の楽しみ方についてご紹介します。当時ビガンには日本軍の高橋大尉率いる守備隊が駐屯していました。
高橋大尉は現地でフィリピン女性アデラ・トレンティーノ(Adela Tolentino)と結婚し可愛い娘もいました。
大尉は現地に溶け込み、地域住民の信頼も得て、ビガン市民と友好な関係を築いていた。



やがて戦況が悪化し、アメリカ軍の砲撃・爆撃がフィリピン各地の街を次々と破壊していくと、ビガンを守る高橋大尉の部隊にも撤退命令が下されました。
大尉は親交のあったビガンのドイツ人神父クレカンフ司教(Fr. Joseph Klecamf, The Parish Priest of Vigan)に妻子を託し、次のように懇願して街を去って行ったのです。

私はこの地で結婚した愛する妻、愛する娘を残して行かねばなりません。アメリカ軍の砲撃によって、家族と暮らしたこの美しいビガンの街が破壊されることのないよう、我らが撤退したことをアメリカ軍に伝えてください。」

高橋大尉の真摯な願いに心打たれたクレカンフ司教は、広場には大きな白旗を掲げ、まさに砲撃準備に入っていたアメリカ軍に日本軍が完全に撤退したことを伝えると、ビガンの街は寸前のところで砲撃をまぬかれ、無益な破壊が行われることもなく米軍に占領されました。



高橋大尉の部隊はその後の戦いで全滅し、大尉は帰らぬ人となったのです。
クレカンフ司教に託された妻子は戦火の中を無事生き延び、戦後はしばらく妻アデラの実家で暮らした後、マニラ方面へ移り住んで、以後消息は途絶えてしまったようです。

2001年、元ビガン市長秘書官のアントニオ・フロレンティノ氏によれば、高橋大尉の娘がビガンに訪れたといいます。
フロレンティノ氏は滞在先を訪ねたが、彼女は既に去った後だったのです。
風のうわさでは、2001年当時、妻アデラはその頃既に亡くなっており、2人の娘はマニラに暮らしている言われます。

世界遺産「ビガン歴史都市」は今日もその姿をとどめ、スペイン統治時代の面影を色濃く残し、現代の我々にとって貴重な文化遺産として、その存在を確かに保ち続けています。

ビガン市が属するイロコス州知事サベリャーノ(Savellano)氏は、次のように述べて高橋大尉の価値ある行動を讃えています。

「ビガンの街は、彼ら日本人の『愛』によって救われたのです。」
いつか素敵な恋人ができたら是非一度出かけてみてください。
無題


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。